浣腸の多用は禁物!自然なスッキリには少しの工夫で

赤ちゃん・子供の便秘が増えています!

赤ちゃん・子供の便秘が増えています!そしてその改善策として浣腸(綿棒浣腸)を選ぶママが多い事も事実です。 しかし、本来、人生の中で最も腸内環境が正常でビフィズス菌活性量も90%以上が通常といわれている乳児や幼児が何故便秘になってしまうのでしょうか?
 その理由は実は母乳と食生活にあります。母乳には本来豊富に含まれているべきプレバイオティクス(整腸成分)が現代のママには激減しているのです! そして粉ミルクの多用化と相まって赤ちゃん・子供の腸内の善玉菌(ビフィズス菌)活性量が激減しています。
これにより乳児に離乳食を導入した途端に便秘になってしまう赤ちゃんが増えています。この現実を考慮すれば、赤ちゃんへの浣腸(綿棒)は もはや苦痛を取り除く緊急処置としては有効でも便秘改善という意味では正しい選択とは言えません。
赤ちゃんの便秘解消には浣腸の多用ではなく本来摂取すべき栄養素を補ってあげる事の方が これから先への成長に於いても重要な影響を及ぼします。 では、補ってあげるべき栄養素とは何でしょうか?
健康な母乳の研究から注目されているオリゴ糖の整腸効果!

浣腸多用からの脱却!オリゴ糖の効果

正しいオリゴ糖の摂取で驚くほど腸が元気になる赤ちゃん!
浣腸だけが善処策では無いとお考えのママは、あとはどのようにして赤ちゃんの腸を本来の活発な状態に保ってあげて 便秘・浣腸とは無縁のニコニコ健康生活を送れるようにしてあげるかがポイントになります。
オリゴ糖が整腸効果が高いといっても、世の中には様々なオリゴ糖製品が販売されており、中には調味料程度の効果しか 期待できない商品もあります!
さ らに腸内のビフィズス菌は30種類以上も確認されており、これら全てを活性化することが出来る オリゴ糖は単一種のオリゴ糖では不十分といえます。                                                                                                                      ≫≫プロミス審査

整腸効果が高い《カイテキオリゴ》について!

オリゴ糖製品の中でも日本で最も選ばれているオリゴ糖食品が《カイテキオリゴ》です。
お子さんに浣腸をせざるを得なかったママ達から絶大な人気と信用を得ているオリゴ糖商品です。  特に注目なのは、このカイテキオリゴをスプーン一杯程度ミルクに混ぜたり、お粥に混ぜたりするだけで(カイテキオリゴは熱にも強いオリゴ糖です) 赤ちゃんの腸内のビフィズス菌全てを活性化できます!カイテキオリゴのオリゴ糖はてん菜を主にミルクや樹木から天然抽出された 高純度オリゴ糖だからです。つまり、本来赤ちゃんや幼児が摂取するべきプレバイオティクス(整腸成分)をほぼ補う事が出来ます。
価格も一ヶ月3000円以下で継続も苦になりません!
カイテキオリゴの安全性はモンドセレクション最高金賞受賞という国際レベルの安全基準を満たしています。
赤ちゃんや子供の便秘の原因は、栄養の偏り、ストレスなど様々な要因が考えられますが、まずはカイテキオリゴで 腸を本来の状態にしてあげる事が最も現実的な便秘改善方法ではないでしょうか? 浣腸とは綿棒浣腸も含めて実は【医療行為】であり、排便反射機能が低下したり腸を傷つけたりしてしまうといった事例も 報告されていますので安易に継続は禁物です。